トランプの魔法の書(基本編)その2


数字の持つパワーを

よく「数秘(すうひ)」と言います。

 

数字の持つチカラ

数字のパワーの秘密、とでも

言うのでしょうか。

 

昔から、ひとケタ(1~9)の数字には

それぞれ意味やパワーがあって

 

例えば「1」は始まり

「8」は無限大をあらわす

とか

 

数字の意味とか数秘術で

検索すると

ものすごく、たくさんの数字の意味と

出会えるはずです。


トランプの基本の数字は

1~13までですが

 

A=1、J=11、Q=12、K-13

というのは、前回お説明しました。

http://e-trump.net/?p=2313

 

トランプカードの数字は実際は

2~10です

A、J、Q、Kと、トランプには

この4枚は

数字として記載されていません。

 

ただ、トランプ占いをする際には

数字に置き換えして

数として扱われるのです。

 

隠された数字のパワーが

それぞれのA、J、Q、Kに

宿っていると考えていいと

私は思っています。

スペードジャックからキングまでの三枚
 

特徴的な人物像と

さらに数字の意味が重なって

 

個人的には

面白いな~と思っています

 

どこが面白いかと言えば

J=11

 

どの数秘も「11」には

ちょっとヤンチャというか

破天荒と言うか

 

インスピレーション的な

子供っぽいところがあるようです

 

それが、トランプのジャック像と

重なると

なんだか、やんちゃで破天荒で

それでいて

突発的な行動力を持っている

 

なんて、人物像が見えてきて

それがマークと合わさって

さらに個性的な、特徴がみえてくる

 

イメージが広がっていくのです。

多くの考えが浮かんでいる女性が上を見上げている
数字ありきの 人物像って

なんだか不思議ですよね、、、

 

このように、トランプは数字で

できているカードなのです。