自分が何者かわからない、お悩み


あなたのお悩みはなんですか?

そう聞かれたらなんと答えますか?

えーこの場合は、ずっと

「自分が何者かわからない」

そう感じていました
それは、放任主義の家庭だっからとか

望まれて産まれたのではなかったから

大切に思われて居なかったとか

さまざまな要因があったとしても
自分が何者かがハッキリすれば、

自分を大切にできるはず!
この「何者か」というのは

イコール

 

誰かが認めてくれたら、私が何者かがわかるはず

レースをきた赤ちゃん

いつの間にか、そう信じていたのです

どこの誰でもいい

私が何者か教えて欲しい

心の奥のどこかで、叫んでいました。
唯一無二の

この世でただ一人の自分だと

頭ではわかっているのですよ
だけど、気持ちがモヤモヤして

誰かに認めてもらいたいと思います
確信が持てないのですね
だから、認めてくれる相手を

必死に探そうとして 答えをくれる人を

探し回る事になります
悩みは、他人に解決してもらおうとするので

相手が変わりたびにずーっと続きます

 
ところが深掘りセッションで

自分が何者か?と考えれば考えるほど

「わたしはワタシ」でしかありません

自分の人生は自分で決める

だから誰にも邪魔されたくない!という、自分勝手な気持ちが

深掘りセッションのたびに繰り返し

自分で言っているように聞こえました
自分で自分が「何者か」を決めたい

誰かに決められたくない、、、

だからこそ、自分は自分の本質と

向き合ってみることが大切
実際、自分のトランプの本質は

 

納得がいくものでしたし

私らしい、と思うものでした

 

この「私らしい」と感じることこそ

自分が何者なのか?を表しています

 

何者だっていいんです

どんな人であっても、私が感じる私と

 

運命が決めた、生まれ持った私が

「私らしい」と感じるものが

一致すれば、私が何者かは

私が決めることになります。

ウィンクした猫

トランプは、人生テーマ♡